パパ活

パパ活は危険!?安全にパパ活するために知っておきたいこと・コツ

パパ活は安全なの??
怖い思いはしたくない・・・
犯罪に巻き込まれたくない!
つかまりたくない!!!

そんな心配や不安ありますよね。
今回はパパ活の安全性についてまとめました。

パパ活をする上で知っておいて欲しい豆知識や身を守る方法、絶対にパパに教えてはいけない○○など。

パパ活はやり方さえ間違えなければカンタンで安全にすぐにお金を稼げるオイシイお仕事(?)です。

パパ活は危険??安全にパパ活アプリを利用するための注意点

ほとんどの女性がパパ活にはパパ活アプリを使っていると思います。
パパ活自体は違法ではないのですが、金銭のやりとりを条件に肉体関係を持つことは売春にあたるので、これは違法となります。
実際のところは肉体関係があることが多いのですが、ふたりの間にしか分からなければセーフです。
そこで気を付けるべきなのは、売春行為にあたることをしていると第三者に分からないようにすること、証拠を残さないことです。

パパ活アプリのプロフィール・掲示板に記載する内容

たくさんお金を稼ぎたいあまり、プロフィールや掲示板に「大人の関係希望」と書く子がいます。
例えば、「5で大人の関係希望です」と、具体的な金額を提示することは犯罪です。
売春とは・・・
対償を受けるまたは受ける約束で不特定の相手と性交すること
とさ、はっきりとした定義が定められています。
パパ活専用アプリや出会い系アプリで不特定多数に対して体の関係アリのパパを募集すると売春防止法に引っ掛かります。
ただし、売春防止法に引っ掛かっても刑事罰の対象になるのではなく、取り締まられるのはあっせん業者です。
つまり、パパ活アプリの運営会社や出会い系アプリの運営会社が刑事罰を受けてしまうんです。
なので、運営側は常に売春をにおわせる書き込みがないかと目を光らせています。
金銭を具体的に提示したやり取りでも即削除されてしまうというケースはよくあります。
なので、売春をにおわせる発言や書き込みには気を付けましょう。

クレットカード詐欺に注意!!

パパに「クレジットカードの情報教えて、支払い日に振り込んでおくから」と言われても絶対に教えないでください!!!
パパ活女子を狙った詐欺なので注意。
クレジットカード情報だけでお金を振り込むことは不可能です!!!
「クレジット持ってないんだ~!代わりにパパのカードを持たせてくれてもいいんだよ?」と言い返してやりましょう。

高すぎるお手当報酬の提示に注意!!

高い報酬を提示して、偽札で払ったり、支払い前に逃げるという事案も発生しているようです。
高すぎる報酬には十分警戒してください。
また、必ず、最初に会った時点でお手当をもらっておきましょう。
封筒などに入っていた場合、すぐに中身を確認してください。
「気を悪くしたらごめんなさい。おもちゃのお金を渡されたことがあって、トラウマで・・・」と可愛い顔して言っておきましょう。
金銭を介した関係である以上、パパ活はビジネスです。
完全に相手に気を許してはダメ。
自分の身は自分で守りましょう。

18歳未満はパパ活アプリNG

出会い系サイト規正法で18歳未満は使用不可と法律で定められています。
サイトはもちろん、アプリ、交際クラブなども利用することはできません。
男性側も18歳未満の女性と関係を持ってしまうと、たとえ合意の上でも犯罪となります。
前科が付き、一生消えることはないのでとても高いリスクを負います。
なぜ18歳未満・中学生高校生はパパ活ができないのか??については別記事にまとめていますので参考にして下さい。
>>高校生でもパパ活出来る!?18歳未満がパパ活をする裏ワザとは??

パパ活アプリを安全に利用するためのコツとは??

パパ活を安全にしていくうえで絶対に心がけてほしいことがあります。
それは「個人情報を絶対に教えない」ということ。
具体的には、

・本名
・住所・家
・職場・学校(出身校)
・クレジットカード情報
・免許証や保険証
・SNS

などです。
私は偽名でパパ活しているし、年齢も詐称しています(笑)

パパ活での盲点!!絶対にパパに教えてはいけない○○

上記の個人情報の他にも、意外と見落としがちなのが次の3点です。

・インスタの連絡先同期設定
・Twitterのプライバシー設定
・メインで使っているメールアドレス

SNSでパパとつながっていなくても、相手の電話帳にあなたの番号が入っていて、相手もインスタやTwitterを使っていた場合、「おすすめのユーザー」という欄にあなたのアカウントが出てきてしまいます。
パパに電話番号を教えていないという場合はセーフ。
ただし、もしあなたがパパ活用のアカウントを作っているなら、あなたの電話番号を電話帳に載せているあなたの友達のSNSのおすすめユーザーの欄にそのアカウントが出ている可能性もあります。
今からでも設定を変えて、おすすめユーザーに表示されないようにしましょう。
また、メインで使っているメールアドレスを教えてはいけない理由は、メールアドレスから本名や住所が特定されてしまうおそれがあるからです。
それぞれ順番に詳しく解説していきますね。

インスタ、Twitterの設定を変えてセキュリティを強化する方法

なぜメールアドレスを教えてはいけないのか?メールアドレスから特定できる個人情報とは

ネットでお買い物したり、Amazonや楽天のアカウントを利用する際に使っているメインのメールアドレスがあると思います。
そのメールアドレスは絶対に教えないでください。
メールアドレスから本名・住所を特定する方法があるんです。

その方法とは、以下の通りです。
①メールアドレスで検索
②そのメールアドレスを使用しているアカウントが出てくる
③例えばヤフオクのアカウントなら、そこから出品しているものを購入し、本名と住所をゲット

この方法はストーカーなどが良く使う手口なんだそうです。
ネット社会、どこから情報が洩れるか分かりません。
慎重にパパ活したい人は、Gmailなどでパパ活用のメールアカウントを新たに作ってパパ活しましょう。
Gmailは匿名で作れるのでおすすめです。

やり方に気を付ければ安全に稼げる!おすすめのパパ活専用アプリ

やり方にさえ気を付ければ、パパ活はそこまで危険ではありません。
もちろんリスクゼロではないですが、大金を稼ぐためにはある程度のリスクはつきものです。
パパ活を慎重にやっていくためにおすすめなのパパ活専用アプリを紹介しますね。
実際に私が使ってみて使い勝手が良かったのは次の3つです。

シュガーダディ

シュガーダディのよかったところは年齢詐称ができる点です(笑)
パパ活するには若い方が有利です。
30代でパパ活している、という人には特におすすめ。
>>シュガーダディの使い方と使ってみた感想

Padday67

Papatto

最後に

最近、茨木で殺された女子大生が実はパパ活のトラブルで殺されたというニュースを耳にしました。
とても胸が痛いニュースでした。
お金に困っている女の子を利用する男性が世の中にはたくさんいます。
パパ活をしている女の子には、そんな男性から身を守れるよう細心の注意と知識を持ってほしいです。
もちろん、パパ活界隈にはとっても優しい男性もたくさんいます。
パパ活をしていて困ったこと、よくある質問などこちらにまとめていますので、参考にしてみて下さいね。